ブログ・お知らせ

ホーム​ > ブログ・お知らせ

​ブログ・お知らせ

手のシビレや痛み!肘部管症候群とは


ごう整骨院伊万里院の片岡です。

当院のブログをお読みいただきありがとうございます。


腕から 指にかけてシビレや痛みがでた場合、色んな神経の病気が考えられます。

ヘルニアだったり、狭窄症、胸郭出口症候群、末梢神経障害など、他にもたくさんあるんですが、

今回は尺骨神経障害の『肘部管症候群とは』についてご説明させていただきます。


肘部管症候群とは?

肘の内側にある尺骨神経の通り道になっている肘部管の中で、尺骨神経が圧迫や牽引されることにより、マヒを引き起こす病気です。

尺骨神経は手の小指側の感覚と手の中の筋肉を動かす神経です。マヒの進行度合いにより、その症状は異なります。

初期は、小指と薬指の一部にしびれや痛みを感じます。尺骨神経は手のひら側の指と、甲側の両方に通っているため、指全体がしびれるのが特徴です。肘から手首までの広い部分の内側に痛みを感じることもあります。

進行すると手の筋肉がやせて、小指と薬指の変形が目で見てわかるようになります。指を伸ばそうとしても小指と薬指が完全に伸ばせなくなり、指をそろえられない、小銭が掴みづらい、箸が使いづらい、といった症状が出てきます。



起こる原因として、

・幼少時の骨折による肘の変形

・野球や柔道などのスポーツ

・長時間の運転

・神経を固定している靱帯やガングリオン(良性の腫瘍)などによる圧迫

・加齢による肘の変形

・長時間の運転

・慢性関節リウマチ

など、さまざまな病気が原因となって発症することも多いです。


肘部管症候群の検査法として、
まず感覚神経の確認を行い、筋肉が左右同じか見ていきます。そして手指の変形などの有無を確認していきます。
そして検査として↓
ティネルサイン
神経が圧迫されている肘の内側を、指や道具で軽く叩きます。小指と薬指の一部にしびれが認められれば、肘部管症候群の陽性反応とします。
フロマン徴候
親指と人差し指で紙を挟みます。親指の関節が曲がると、肘部管症候群の陽性反応とします。

整形外科であれば↓の検査もあります。
レントゲン検査
肘の変形がある場合は、X線(レントゲン)検査を行います。肘の外反変形や関節のすき間が狭いことが認められれば、肘部管症候群と診断されます。

ごう整骨院でも治療可能です

整形外科での治療としては、

まず薬物投与、肘の安静などの保存治療を行います。保存治療で改善しない場合や、マヒが進行している場合は手術をします。 手術方法はいくつかありますが、尺骨神経を圧迫している靱帯の切離や、ガングリオンの切除が一般的です。 神経の緊張が強い場合は、神経を圧迫しないように骨を削ったり、神経を前方へ移動する手術を行い、肘関節が変形している場合は、変形を治す手術も行います。


ごう整骨院での治療としては、

まずは当院で治療可能かどうか判断していきます。

体の歪みがあると、全身のバランスが悪くなり、筋肉や骨格にかかる負担が大きくなります。

それが肘部管症候群を引き起こす原因となります。

当院では根本原因である体の歪みを整える治療を行っていきます。

全身の歪みを整えるように矯正を行い、硬くなっている筋肉は「縮んで固まっている筋肉」か「伸びて固まっている筋肉」かを判断しながらバランスよく施術を行ていきます。

もちろん人によっては治療期間や通院頻度は異なりますが、カウンセリング時に大体の治療期間や通院頻度の目安はお伝えしてから治療に入っていきます。

当院の院長は整形外科勤務の豊富な経験があるので肘部管症候群の症状が深刻な場合は、速やかに提携医療機関へご紹介いたします。

ばね指でお困りの方は是非一度ご相談ください。

解決方法をご提案いたします!



★伊万里駅より 徒歩3分 ★食道園の真向かい

ごう整骨院伊万里院 〒848-0041 佐賀県伊万里市新天町560-2

TEL:0955-25-9535

【施術受付時間(予約優先制)】 平日 9:00~21:00 日曜 900~12:00

※第3土曜は9:00~12:00まで 以下の日時は完全予約(予約は前日までに) ※水曜 9:00~12:00 休診日 祝日

【公式ホームページ】

https://www.go0501.com

当院が行っているSNS 【Facebook】 https://www.facebook.com/gogo0501 【LINE@】

@feh7477a https://line.me/R/ti/p/%40feh7477a

​カテゴリー

​アーカイブ

​最新の記事

​タグクラウド