ブログ・お知らせ

ホーム​ > ブログ・お知らせ

​ブログ・お知らせ

指が引っかかる!? ばね指とは


ごう整骨院伊万里院の片岡です。

当院のブログをお読みいただきありがとうございます。

指を伸ばそうとするときに引っかかるご病気にばね指という病気があります。

出産後や50歳前後から指や手首が痛くなる事が多くなったなぁと感じていた方はいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はその「ばね指」についてご説明いたします。


ばね指とは?
ばね指とは、”屈筋腱狭窄性腱鞘炎”と言われるもので、
指を曲げる筋肉の腱に炎症が起きてしまって生じるものです。
指を曲げる腱が通る所には、いくつかトンネルのようなところがあります。
そのトンネルに炎症がおきて、狭くなってしまうことで腱を締め付けてしまい、
痛みや指の引っかかりが生じてしまいます。


起こる原因として、
男性にも生じるご病気ですが、女性に多いと言われています。
特に、妊娠出産時や更年期の女性の方が多いとされています。
これは、女性の場合は女性ホルモンの変動による影響が原因と言われています。
他にも手をよく使う方やスポーツをされる方、
糖尿病の方や透析をされている方がなりやすいと言われています。

一般的な治療方法は、
ばね指は指を曲げる腱の腱鞘炎なので、まずは安静が必要になります。
その上で、指の曲げる腱の通るトンネルの炎症を取ってあげるために、
ステロイドといったお薬が少し入った注射をすることがあります。
この注射で、ある程度の方は炎症が治まり症状は改善します。 ただ、この注射は一つの指に期間をおいて多くても2~3回までしかすることはできません。
何度も再発していましまったり、注射で症状が改善しない場合は手術なども 選択肢の一つとなります。

ごう整骨院でも治療可能です

ばね指の場合、基本的に安静が一番です。

その上で当院で治療可能か判断するために、徒手検査などを行って行きます。

当院で治療可能と判断した場合は、全身のバランスが悪いと、腕にかかる負担が大きくなり、ばね指にもなりやすいので、

全身の歪みを整えるように矯正を行い、硬くなっている筋肉は「縮んで固まっている筋肉」か「伸びて固まっている筋肉」かを判断しながらバランスよく施術を行ていきます。

指には屈筋腱の負荷がかからないようにテーピングを行なったり、炎症を早く取り除くために超音波などを当てていきます。

もちろん人によっては治療期間や通院頻度は異なりますが、カウンセリング時に大体の治療期間や通院頻度の目安はお伝えしてから治療に入っていきます。

当院の院長は整形外科勤務の豊富な経験があるのでばね指の症状が深刻な場合は、速やかに提携医療機関へご紹介いたします。

ばね指でお困りの方は是非一度ご相談ください。

解決方法をご提案いたします!



★伊万里駅より 徒歩3分 ★食道園の真向かい

ごう整骨院伊万里院 〒848-0041 佐賀県伊万里市新天町560-2

TEL:0955-25-9535

【施術受付時間(予約優先制)】 平日 9:00~21:00 日曜 900~12:00

※第3土曜は9:00~12:00まで 以下の日時は完全予約(予約は前日までに) ※水曜 9:00~12:00 休診日 祝日

【公式ホームページ】

https://www.go0501.com

当院が行っているSNS 【Facebook】 https://www.facebook.com/gogo0501 【LINE@】

@feh7477a https://line.me/R/ti/p/%40feh7477a

​カテゴリー

​アーカイブ

​最新の記事

​タグクラウド