ブログ・お知らせ

ホーム​ > ブログ・お知らせ

​ブログ・お知らせ

産後の腹筋は逆効果になる!?


ごう整骨院伊万里院の片岡です。

当院のブログをお読みいただきありがとうございます。


産後の「ぽっこりお腹」が大半の方が気になるのではないでしょうか?

産後、早く元の体型に戻したくて、腹筋をしてお腹を引き締めようとする方がいますがそれは間違った方法なのです。

早くから腹筋をしてしまうと、より体を痛めてしまうリスクがあります。

産前と産後の腹直筋の変化

皆さんは妊娠中にお腹が大きくなることで、腹直筋離開しているのをご存知でしょうか?

お腹が大きくなるにつれて中央の白線という部分が伸び、腹直筋そのものが左右に移動します。

そのため、中央に筋肉がなくなり、お腹に力が入りにくくなります。

妊娠中に姿勢が悪くなり、反り腰になってしまうのも、この影響です。

そして、産後すぐに腹筋してしまうと、腹直筋が開いたまま行うため、回復を遅らせてしまうだけではなく、痛めてしまう可能性があります。

産後は出産時の影響で体状態は、例でいうと「産後は交通事故に遭ったのと、同じくらいのダメージを受けている」と言います。

産後1~2ヶ月はゆっくり体を休めることが一番大切な時期なのです。



正しいお腹の鍛え方

腹筋はNGということでしたが、産後どのように鍛えたら良いのか?

産後の鍛え方で正しいやり方は、


腹式呼吸の方法です! 腹式呼吸であれば、体に負担が少なく正しく鍛えることができます。 呼吸によって

  • 腹横筋

  • 横隔膜

  • 多裂筋

  • 骨盤底筋

これらの筋肉が動きます! 腹式呼吸を正しく行えば、コルセットの役割でもある腹横筋や妊娠中に呼吸が浅くなってしまう原因である横隔膜。 脊椎を支えてくれている多裂筋、骨盤や内臓を支え、便や尿の排泄の役割をする骨盤底筋。 これらの大切な筋肉を鍛えることができます。

腹式呼吸のポイントは

胸ではなくお腹を膨らませるように意識しましょう! 1.鼻からゆっくり息を吸ってお腹を膨らませます。 2.鼻からゆっくり息を吐きながらお腹をへこませましょう。 3.お腹をへこませたら肛門、尿道、膣を同時に閉めましょう。 これを毎日繰り返し3セット行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

産後のぽっこりお腹が気になるところですが、正しく鍛えて上げないと逆効果になってしまい、

猫背や腰痛といった症状を引き起こしてしまう可能性があります。

産後はしっかりと腹式呼吸をマスターして、ママとしてではなく、一人の女性として戻りましょう!

産後は、お腹を凹ませることすら、どうやるかわからなくなるママさんも、多くいらっしゃいます。

産後の体は1人1人症状は違いますので、1人で悩まずに、気になったら専門家にご相談ください。


当院では、お子様連れの方も安心して来院して頂けるようにキッズスペースやバウンサーを完備しております。

また女性スタッフも常時いますので、赤ちゃんと一緒に来院されても大丈夫です!


産後症状でお悩みの方は、是非一度ご相談ください。


★伊万里駅より 徒歩3分 ★食道園の真向かい

ごう整骨院伊万里院 〒848-0041 佐賀県伊万里市新天町560-2

TEL:0955-25-9535

【施術受付時間(予約優先制)】 平日 9:00~21:00 日曜 9:00~12:00

※第3土曜は9:00~12:00まで 以下の日時は完全予約(予約は前日までに) ※水曜 9:00~12:00 休診日 祝日

【公式ホームページ】

https://www.go0501.com

当院が行っているSNS 【Facebook】 https://www.facebook.com/gogo0501 【LINE@】

@feh7477a https://line.me/R/ti/p/%40feh7477a

​カテゴリー

​アーカイブ

​最新の記事

​タグクラウド